The Entrance To A Parallel World

2017-

​異なる世界への入り口

   子どもの頃「ドラえもん」に出てくるひみつ道具の中で、一番人気のある道具は「どこでもドア」であった。このドアは目的地を言うことでその場所へワープすることができる。

   大人になり「ドラえもん」はファンタジーの世界で、「どこでもドア」は存在しないということに気がついたが、絶対泣くと思ってたのに、悲しい気持ちもなっかた。

 しかし、「ドラえもん」は私に「ドアは隣の部屋だけではなく、異なる世界へ行くことができる」ということを教えてくれた。

   ドアの先を想像することで、未知なる世界へ移動することができる。