• Instagram

野毛山幻像
THE illusion OF EMOTION

今回の作品は前シリーズ『動物園をみって回るのはまじめなことだ』を基づいて製作した。

人工反射材を人手の形による作ったサルの足跡の表面につけ、

森の中に置いて、誘導経路を形成する。 つまり痕跡を通して展開された動物の行為を出発点として、人間がサルを探しに森に入る。

小屋の外側全面に反射するシルバーシートをつけている。

小屋自体を隠している。来場者もシルバー シートで写され、それ

自身を映す監視カメラのようになった。しかし、内側を見ることは

危険を伴っている 状態で、垂れ下がった糸が網状に編まれていて、

枝の先を削り尖った武器で形成されている。すべてが中心に

向かっており、窓から内側を見ると、そこには観者の顔が写される。

 

もともと捕まえる側の人間は、 この小屋の中では捕獲対象になっている。この小屋はある意味では人間を狩って捕らえる罠なのである。

小屋の中の削り尖った枝の先には、元々あちこちに貼ってあるはず

の「猿を探している」ポスターがあった。 武器が付いているこの

罠は、人間がサルを捕まえるために建てったものなのか?

それとも、サルが人間を 捕獲するために建てたものなのか?

 

狩りの結果が明らかになるまでは、

どちらが優勢なのかはわからない。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1

2021年に長野県小諸市で約1ヶ月かけて製作した作品である。

滞在製作地は、山の奥の森である。

小諸市にきた最初の1週間で、森の中に歩いて見回ると、人々の生活圏に近い森には動物はいないものの、熊の糞や動物の足跡、キノコを食べ た跡など、動物がいる気配があることに気づかされたのである。地元の新聞を読むと当地の街にはサルがよく出没する。

上述を踏まえた上で、「この未確認生物の足 跡はもしかしたらサルの足跡ではないか?それとも人間だったのか?」という発想がでてきた。

人間はサルから進化してきた。人間は這う姿勢になると手の形がサルの足跡の形と同じになり、一番猿に近いと思う。人工反射材を人手の形 による作ったサルの足跡の表面につけ、森の中に置いて、誘導経路を形成する。

 

つまり痕跡を通して展開された動物の行為を出発点として、人間がサルを探しに森に入るという能 動的な行為も作品の中に置き、サルが森の奥に逃げ帰ったことを摸擬していたである。

DSC09032.jpg

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/7